大阪市北区で自然治癒力の回復に役立つ漢方式鍼灸院

大阪市北区の鍼灸といえば安心できて満足度も高い大阪天満 かわかみ吉祥堂へ

当院の治療理念と治療方針

当院の理念 イキイキ 画像.jpg


1 治療理念について

当院の治療理念は、「イキイキと過ごせる体作りへの貢献」です。そのために、3つの"いき"のはたらきを大切に扱います。


まず一つ目の"いき"は、「息」、吸って吐く、肺で行われる呼吸のことです。肺に吸入された空気と、消化で得られた気を合わせて「宗気」と言います。この「宗気」が全身の血液循環に大いに関わります。


次に、二つ目の"いき"は、「意気」です。「意気込み」「意気揚々」と表現されるように、「意気」とは何かをやり遂げようとする能動的な気持ちのことです。逆に、この「意気」が足りなくなると、「意気消沈」といって、元気の無い様を言います。「意気」は、人が醸し出す「いきおい(勢い)」に現れます。因みに、この「意気」は、江戸時代の美意識として、身なりや振る舞いが洗練された様子を表現する際にも用いられました。


最後の"いき"は、「胃気」と言います。「胃気」は、「胃の気」とも表現され、飲食物を消化する胃の働きのことを言います。そして、胃で吸収された際のエネルギーも「胃気」といい、これによって内臓や筋肉など全身の各器官が養われます。


「胃気」の有無は生死を決定します。だから、「胃気」は生命力そのものです。それだけに、漢方医学の診断や治療において、この「胃気」の盛衰を見極めることが重要視されています。


これら3つはそれぞれ別個なものではなく、生命力である「胃気」を根本として、それが肉体活動の一側面では「息」に、精神活動の一側面では「意気」に反映されます。また、「胃気」から「血」が生成されます。従って、「胃の気(いのき)」によって「命(いのち)」が形作られるのです。


以上のことから、「いき」とは、まさに「いきている証」「命の象徴」といえましょう。当院では、来院された皆様が「イキイキ」と日常を過ごせるよう、"いき"を通じて、お一人おひとりの「命そのもの」と向き合わせていただきます。


2 治療実践について

現代西洋医学の、検査・手術機器など各種技術の進歩により、多くの命が救われてきました。また、テレビ、インターネット、書籍などを通じて、最新の研究成果を知ることができます。


その一方で、2013年以降、国民医療費は40兆円超えているという事実が示すように、一向に病人の数が減る気配はありません。事実、西洋医学では、自律神経失調症・慢性疲労疾患・アレルギー性疾患など、原因不明とされ、対処のしようがない病気が数多く存在します。


実は、そういった病気に対して、最新の研究成果を待たずとも、伝統的な鍼灸治療で十分対応できる場合が多くあります。この事実を、一人でも多くの方に知れ渡るようにすることが、鍼灸師としての大切な役割の一つであると考えております。


ところが、鍼灸治療であれば、何でもいいかというと、そうとは限りません。漢方医学の理論と実践を一致させることが非常に困難であるために、2000年以上の歴史に積み上げられてきた漢方医学の理論をおざなりにして、西洋医学的な理論に偏った鍼灸治療を施す所が、日本の鍼灸治療の大半を占めています。


しかも、近年では、「美容鍼灸」「ダイエット鍼」「スポーツ鍼灸」といった、単なる集客の手段としての鍼灸治療を施す所が増えてきています。これらの治療形態には、歴代の漢方医たちが蓄積してきた英知が抜け落ちています。それでは、術者自ら、漢方医学に対する信念を育てられません。


鍼灸治療の実践形態は、術者の治療理念や信念に従うものだけに、そういった骨抜きの鍼灸治療では、到底、漢方医学の真骨頂である「自然治癒力」の向上をなし難いことでしょう。


こういった日本の医療事情、また鍼灸業界の実態を踏まえて、当院の鍼灸院として果たすべく役割として、上記の「治療理念」と「治療実践」を掲げた次第です。


この「理念と実践」に基づく、吉祥堂の自然療法には、次の3つの特徴があります。

3 吉祥堂の自然療法の3つの特徴

(1)個別に異なる病気の原因を見極める治療

問診-crop.jpg

同じ病気であっても、お一人お一人によって、その原因が異なります。なので、症状改善のための主導権を、マスコミが発信するような「情報」に置くよりも、ご自身の側に引き寄せることが重要です。例えば、生活習慣や思考癖を見直すなどです。

漢方医学には、「以表知裏(表を以て裏を知る)」という考え方があります。当院では、この考えに基づき、問診と体表観察で、その人特有の病の原因を明確にしていきます。それに従い、治療方針や養生法が定まります。

(2)自然治癒力を最大限に引き出す、シンプルな治療

治療シーン.jpg

症状改善するかしないか、その一番のカギを握っているのが、「自然治癒力」です。

自然治癒力は、本来、自分の意思を介さずとも、「体が自然に修復する力」です。そのため、いかなる医療も、この自然治癒力のはたらきを邪魔してはいけません。

ところで、自然と反対の概念は、人工です。人工とは、「人の手が加わった」ことをいいます。治療において、人の手が加われば加わるほど、不自然なものになってきます。

自然治癒力を引き出すためには、人工より自然の方に親和性を持たせる必要があります。そうなると、治療のやり方も、必然的に<足し算式>ではなく<引き算式>になります。そのため、当院では、"少数鍼""ひと触れ"という、とてもシンプルな治療を心掛けています。それにより、「自然治癒力」も自然と引き出されやすくなります。

(3)「うれしい、楽しい、気持ちいい」を引き出す治療

病気は、「辛い、つまらない、苦しい」もので、出来るなら避けたいものです。一方で、健康の有難さや人の温かさを感じられる機会でもあります。

あらゆる物事には相反する性質がセットになっています。日々の様々な出来事から「喜び」と「憂い」、どちらを導き出せるか、それだけで「自然治癒力」のはたらき方が大きく異なります。

当院での治療により、来院された皆様が「うれしい、楽しい、気持ちいい」毎日を過ごせるよう、病気・症状の改善に尽力しております。

4 自然治癒力についてQ&A

どうやって、病院ではお手上げの症状を治療しているの?

大阪市北区に院を構える当院では患者さん一人一人の心と体の状態に合わせ、その方に最適な方法で、「自然治癒力」を最大限に引き出すことに特化した治療を行っています。

自然治癒力とは、意思と関係なく、「体が自然に修復していく力」のことをいいます。

・ケガをしたら傷口が修復する。
・風邪を引いて熱が出たら発汗して治る。

このように、人間に限らず、動物には、病気になったら体は自然と元の健康な状態に戻れる力を有しています。反対に、病気・症状になって、いつまでも改善しないとしたら、この自然治癒力に何かしらの不具合が生じています。

どうなると、自然治癒力の不具合が生じるの?

基本的に、自然治癒力の不具合が生じる根本的な要因は、個人によって様々です。なので、その後に続く一般要因について、これからお話ししますね。

自然治癒力が発動するうえで、中心となる体の営みは、新陳代謝です。新陳代謝は、栄養物の摂取と老廃物や毒素の排泄のように、必要なものを内に取り入れ、不要なものを外に推し出すことで、古いものが新しいものに入れ替わることを言います。この仕組みは、細胞単位でも同様で、それにより細胞が日々修復されます。これを、「複製」と言います。

そして、新陳代謝は、漢方医学で言うところの、「気血水」のエネルギー循環と連動しています。従って、新陳代謝の機能低下は、エネルギー循環の悪化に繋がり、次第に、体や心に、

体:細胞・各組織器官の栄養素不足と老廃物や毒素の停滞
心:安心の欠如とストレス・不安の溜め込み

といった悪影響が及びやすくなります。

「代謝機能の低下と複製不良」「エネルギー循環の悪化」「体・心のエネルギーの過不足」、これらの3つの要因は、どれが原因で結果か、前後関係が分かり難い面がありますが、相互に重なり合って、「自然治癒力の不具合」が生じます。

どうなると、自然治癒力の不具合が生じるの?

自然治癒力の不具合を生じさせる、上記の3大要因を引き起こさない働きかけをすることです。それには、患者さんご自身の自己管理が大切です。

まずは、身体の不具合を示すサインを早め早めに察知することです。そして、現時点のお体の状態に至るまでの背景を振り返ることも大切です。

例えば、食事・運動・人間関係など、ご自身の日常生活を適切に振り返って、生活習慣を改めることができれば、自然治癒力が回復するきっかけになります。

しかし、自分一人では何から改善したらいいのか分からない場合があります。そんなときこそ、あなたという一人の人間の状態を丁寧に見極めたうえで、自然治癒力を引き上げる、プロの力をご活用ください。

当院では、あなた特有の病気・症状の由来を明確にしたうえで、自然治癒力を最大限に引き出すために、

①お身体の現状認識を深めるための初回約60~90分の問診
②多面的体表観察から導き出される、1~3本の少数鍼治療
③自然界との親和性を深める妙見法術活法

といった、3つの取り組みを行っています。「よく取り扱う症状」「症例」のページに、この考え方に基づいての治療の仕方を記載しております。ここまでの説明で当院の取り組みに、少しでも興味を持ってくださった方は、それらのページをご覧になっていただけたら幸いです。

大阪市北区の漢方鍼灸院 かわかみ吉祥堂

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目8−25長田ビル3F

アクセス

JR環状線天満駅徒歩1分

地下鉄扇町駅徒歩2分

下記の診療時間内にお電話を掛けていただけると助かります。
尚、治療時間中は、電話対応に十分な時間をお取り出来ない場合があることを、予めご了承ください。

休診日:日曜日、祝日

初診受付は基本的に、8:3015:00になります。その他の時間帯をご希望の場合、ご相談ください。最終受付は終了30分前までとなります。


△は第4週木曜日の午前をお休みさせていただきます。その他、臨時で休診となる場合がございますので、トップページのお知らせ欄をご確認ください。

お問い合わせ

ページトップ